四十九日、納骨を済ませて。

出発前には雨が降り、やはり雨女が家族にいるからなぁ・・・と諦めていましたが、 墓地に着く頃には雲は多かったですが雨は上がりました。 家族の突然の死、とても辛い日々を経て迎えた納骨の日。 四季折々の花が咲き、鳥の囀り、夏には蛍が光りを放つ、そんな天国の様な墓地に眠る。 にほんブログ村

続きを読む