ドッグショーとは?

ドッグショーとは、犬の姿形を審査する「品評会」で、それぞれの犬種の理想にもっとも近い犬を評価する目的で行われるものです。

犬種ごとに理想像を定めた文書を専門用語で「犬種標準(Standard : スタンダード)」といい、ドッグショーではこの「犬種標準」が審査の基準となっています。
犬種標準は、その犬種の姿形、能力、性質などを保存するために定めたもので、繁殖指針として優良な犬を保存していく上で重要な資料となっています。

ドッグショーは、犬種標準に近い犬を評価するだけでなく、その犬のブリーダーに対しても、その繁殖の正しさを評価・賞賛する役割があるのです。

現在では、ドッグショーは世界各国で盛んに行われており、とりわけイギリスのクラフト展、アメリカのウェストミンスター展は大変有名です。

日本では、社団法人ジャパンケネルクラブおよび傘下のクラブが開催するものを含めて、1年間に300回以上全国各地で開催されています。

その中でも、「FCIアジアインターナショナルドッグショー」は、社団法人ジャパンケネルクラブ本部が総力を挙げて毎年1回春に開催するもので、アジア地域最大のドッグショーとして定着しています。

  
続きは・・・JKC → http://www.jkc.or.jp/modules/events/index.php?content_id=3


ドッグショーにご興味の有る方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

この記事へのコメント