井之頭公園で、黒ラブに襲われた!

先週の写真撮影の時の出来事です。

井之頭公園で写真撮影中に、黒ラブに襲われましたexclamation×2

公園内の階段に落ち葉が散る、素敵なカット写真を撮影中でした、

littlepapaがジュニアのリードを持って、階段中央に位置していました。

私は階段の上部でジュニアに声をかけていました。

写真家さんはジュニアの後方部、かなり離れたところから、

カメラを構えて良いタイミングでシャッターを切ろうとしていました。

私の後ろから黒くて大きな犬の気配がしたのですが、

その飼い主が進路を変えたのかなぁと思いましたが、

そのまま階段を降りてきたので、littlepapaにジュニアを避けるように

指示を出した瞬間、その黒ラブが勢いよく階段を駆け下りて、

ジュニアの方へ、吠えながら向かって行きましたexclamation×2

思わず「ジュニア~ジュニア~ 」と叫んだ時には、

私の目からは、ガブっと、喰いつかれていた光景か見えました。

その瞬間、ジュニアのリードが首から外れて、

一目散に逃げて行くジュニアの姿が・・・

その後、黒ラブが方向転換してジュニアを追いかけていました。

littlepapaがやっとジュニアを抱きかかえてくれ、

「ノ~ノ~ 」と声を出しながら階段を駆け下りた私も、

ジュニアと黒ラブの間に入り混みました。

私が、すかさず「何やってんのよ! 自分の犬を静止できないんだったら、

犬を飼う資格ないわよ!」って、言ったら、その飼い主、女性だったんですが、

「だって、足が縺れちゃって・・・」って、言って、誤りもしないんです。

ジュニアの体を確認したら、確かにラブの口が当たった形跡がありました。

二か所にヨダレ付いてたんで、知らん顔して過ぎ去る飼い主に、

「ちょっと待ってよ! 咬まれてるわよ!」って言っても、

私の呼びかけにも無視してたんで、

「こら~ 自分の犬が他人の犬に噛みついて逃げるのか~」って、

叫んだんですが、その飼い主、振り向かずに逃げて行っちゃいました。


ショックを受けたジュニアは、いったん撮影中止にして、

急遽、モデルを変えて撮影したのが、昨日のブログの写真です。


もし、貴方の犬がした行為なら・・・

貴方だったらどうしますか𕾮

ラブの飼い主みたいな人がいるのが現実なのだとビックリというより、

ガッカリしています。

全ての人がマナーを守るとは考えられませんが、せめて過ちは反省して欲しいし、

飼い主としての責任を果たしてほしいと感じています。

モラルかなぁ?

詫びる心が相手に伝われば、責めたりしないで、

今後、2度と同じ事が起き無いようにと、

お願いしたいだけなんですが・・・

犯人犬と飼い主の写真を、公開したいくらいですが我慢しています。

被害届も出そうと思いましたが、黒ラブのことを思うと・・・

他人に危害を加えた犬は、殺処分対象になってしまうから・・


でも、次の被害者が出ないように、記事を読んだ方にお願いします。

11月14日、午後3時くらい、大きめな黒ラブで、

飼い主は女性30代位、長くて真黒なストレートヘアーです。

その日の服装は、短めの黄色いダウンぽい、ジャケットでした。

いつものお散歩コースのようです。

見かけた方は、ご連絡を下さいね。

反省してくれないと、二度と井之頭公園に散歩しに来れませんよね。

無知な飼い主のために、犬が可哀想な目に合わないように・・・


で、その時の撮影中だったジュニアのイメージカットですexclamation×2

Jr - コピー - コピー - コピー.jpg


ともあれ、無事だったけどトラウマにならないのを願います。

ジュニアに、応援ポチっと、お願いします
   ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

この記事へのコメント