カニンヘン・ミニチョコ&カニチョコクリ♪

子供が飼育しているミニチュアダックスのチョコタン男の子と、

カニンヘンダックスのチョコクリの女の子です。

可愛く写真が撮れたので、ブログへ掲載して欲しいと送って来ました。

チョコタンは、子供が気に入って神奈川のブリーダーから購入しました。

現在、病気治療中のため月2回の検査と内服治療が、少し値が高くなったので、

月1回の通院になりました。

病名はハッキリしていますが、何が原因か分からない病気です。

昨年から、太っているからと、子供が自分で勝手にダイエットをした頃から、

体調不良になり診察してもらって病気が発覚しました。

それ以前にも、フードが無くなるとホームセンターで安い物を買って上げていたようです。

今は、我が家のパピーフードをお腹いっぱいに食べさせています。

低脂肪で高タンパク含有量の多いものが理想です。


以前にもブログに書きましたが、カニンヘンが人気なのは𕾮

体が小さいから好まれる様ですが、給餌量を減らして、より小さく改良している繁殖者が多いです。

それを、何代にもかけて作って行くと、サイズは極小といわれるダックスが出来ますが、

さて、そういう犬は健康に問題が無いのでしょうか𕾮𕾮𕾮𕾮exclamation&question

何故、こんなに𕾮マークを付けるのかは、記事を読んでくださっている読者に考えて欲しいからです。

獣医師は、今は栄養が大切で子犬ちゃんのフードは食べたい分だけ上げてください、
と、言うはずです。

フードの給餌量を参考にして、ご自分のワンちゃんの必要量を見てください。

もちろん、カニンヘンは小型犬の中でも小さいサイズですから、

そこも難しいところですが・・・

殆んどのフードの給餌量は、ダックスならミニチュアを基準に考えられています。

ミニチュアの子犬で、100g~120gは、食べるはずです。

当然、カニンヘンにも適用されますが、だからといって急に量を増やしてはいけません。

カニンヘンだと90g前後だと思いますから、いま、お使いのフードの袋を見てください。

しかし、5か月を境に給餌量は減って来ます。

ココがキーポイントですexclamation×2

そのまま、子犬の時に上げていた量を続けると、ハッと気が付いたら大きくなっている事もあります。

度々、書きますが、子犬ちゃんのフードの租タンパク量は26%以上のものが理想です。

食べる量の少ない子には、%テージが高く、給餌量が少ないものを選んで上げてください。

体重だけで太っている、大きいと判断するのは間違えが有り、

その子の骨格や筋肉でも変わってきます。

小さい時はシッカリ食べさせて、成犬時に大きくなる子もいれば、

いくら食べてもサイズが止まってしまう子もいます。

仔犬ちゃん選びで、ブリーダーが、この子は小さいですよって、言われたら、

何故、小さいのか質問してください。

もちろん、食べてるフードが粗悪なフードで無い事が前提の話です。

exclamation&question

て、思われた方へ、粗悪なフードとは、一番初めに記載されてる主原料が【・・・肉】と、

表示のない物や、副産物や穀物を使用しているもの、

例えば、チキン、ターキー、ビーフの表示では無く「・・・粉」と書いて有るものは、肉そのものでは無く粉にしたもので作っています。

また、小麦・大豆・コーンなどアレルギーを引き起こす要素の材料も危険です。

個人的には、ビートパルプも嫌いです。

一概にビートパルプが駄目だと言う事では無くて、犬にも必要な食物繊維を、

ビートパルプで補いますが、繊維にする工程が問題なんです。

当然、フードメーカーはコストパフォーマンスのために、時間のかかることや、

費用の掛かる事は避けますからね。

では、人間にも人気の無添加・無農薬・オーガニックと言われるフードも、

租タンパク含有量を必ず確認してから使うと良いと思います。


先ほどの、穀物が何故良くないのか・・・𕾮

穀物を多く使っているフードを食べてると、便の量が多くなり便臭もあります。

でも、メーカーは穀物を入れないと、お肉を使い過ぎてコストが掛かるから、可さ増しに使います。

便の量が多いなぁと感じたら、フードを再確認してください。

ようは、素人判断のダイエットがNGで、

粗悪なフードを食べ続けると老犬になってから、病院のお世話になると言う事です。

ちょっと、長くなりましたが、

大切な家族だから、言葉に出せない愛犬のために賢い飼い主になってください。

きょうは、この子たちで癒されてくださいね。

1414559124866.jpg

1414559117061.jpg



ランキングに参加中です、ポチっとお願いいたします
   ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

この記事へのコメント