ドッグショー・大荒れのジャパンインター!

2日・3日のジャパンインターのダックスの審査は大荒れ模様の様でした。

会場へ行っている知人からの話だと、ミニチュアもカニンヘンもクリームは失格だそうです。

受付で失格になり、勿論、リンクの中を歩くこともできなかったようですよ。

審査員はチェコの方だったかぁ?

FCIの基準ではクリームは失格なのでしょうか?

日本だけでしょうね、クリームクリームって騒いで、求める側が多いから繁殖者も多くなるのでしょう。

まだまだ、クリームとクリームの繁殖をしているブリーダーが多いから、

今回の審査で、日本のダックス界も、もっと考えてくれれば良いですね。

ショーに出られないダックスを作ってはいけないのでしょうね𕾮

規制が緩いのは日本だけでしょう・・・



で、今日のルーカスくんの結果ですが、残念でしたがドイツ系に、してやられた様です。

チェコの審査員は全犬種の審査で数多くの国へ行っていますが、ドイツに近い国ばかり、イギリスへは行ってませんでしたね。

次回に期待いたします。

ルーカスくん、お疲れ様でした。


ランキングに参加中です、ポチっとお願いします
   ↓↓↓

にほんブログ村

この記事へのコメント