折れた心を癒してくれたルーカスくん♪

3月8日の出産から、激闘の41日間exclamation

8日に5頭の仔犬ちゃんが誕生しましたが、小さいため2頭の授乳を開始しました。

1時間おきの授乳から、解放される暇も無く、

23日に4頭の仔犬ちゃんが誕生しました。

母犬は育児拒否の逆パターンで過剰育児。

仔犬に触らせてくれない!

触ろうとすると威嚇して来る。

こんなんじゃ母犬のお乳が腫れて、仔犬が上手に母乳に吸い付く事ができないので、何日か初乳を飲ませて全面的に人工授乳に切り替えました。

この日から授乳の子が6頭になりました。

その2日後に緊急で別の母犬の帝王切開で3頭の仔犬が誕生しました。

この子たちは体もしっかりしていたので、母犬のお乳が出るまで1週間の哺乳で済みました。

ここで授乳は9頭になりました。

この母犬の状態も良かったので、23日に産まれた仔犬ちゃん3頭を預けました。

それで、この母親は自分の子と乳母の3頭=6頭のお世話をしてくれました。

もう1頭は8日に産まれた母親に預けました。

お尻の始末をしてくれるだけで随分と楽ができましたが、2頭の母犬が6頭ずつお世話をすると、お乳が足りないので、その後も授乳は続きました。

この時に合計9頭の授乳を行っていました。


月が変わって4月6日から3月8日生まれの仔犬達の離乳食を開始しました。

授乳をしながら離乳食を作って食べさせていた1週間後に、また出産です。

この子も破水してしまったため、時間をかけずに帝王切開しました。

長期の睡眠不足のため、判断力の低下で頑張りが効きませんでした。

この出産で誕生した子は3頭でしたが、1頭は問題があり、母犬から離して1時間おきの授乳を開始しました。

ここで、合計10頭の授乳開始です。

しかし、努力の甲斐も無く、翌日、15日に産まれた1頭の仔犬ちゃんが亡くなりました。




ショックと疲れでガックリしていた翌日、4月15日に1頭の母犬が早産してしまいました。

4頭中3頭はお腹の中で亡くなってしまって、1頭だけは命拾いしたのも束の間、17日の朝10時に息を引き取りました。

前日もlittle-bの指を力なくですがチュッチュと吸っていたのに・・・


4月15日午後1時50分 破水!

午後4時に病院へ

午後5時から帝王切開 3頭死産 

午後7時50分から規則的にブドウ糖を摂取
午後9時35分 人口授乳
午後10時35分 ブドウ糖 オシッコとウンピが少~し出る
午後11時48分 授乳 オシッコ

この後も母犬のケアと仔犬にブドウ糖


4月16日 夜中1時38分 ブドウ糖 オシッコとウンピ大量に出る

ウンピが(胎便)が出たので胸を撫で下ろす

このまま頑張ってくれれば助かるのではと期待がでた

夜中2時35分  授乳 オシッコとウンピが出た
夜中3時10分  ブドウ糖 オシッコ
夜中4時5分   授乳 オシッコと黄色い水様便が出る
夜中5時    ブドウ糖 オシッコ
朝6時28分  授乳 オシッコ
朝7時48分  授乳 オシッコ
午前9時28分  授乳 オシッコ
午前10時40分 授乳 オシッコ
午前11時38分 授乳 オシッコ
午後12時38分 授乳 オシッコ
午後1時42分  授乳 オシッコ
午後2時45分  授乳 オシッコ
間にブドウ糖
午後4時5分  授乳
間にブドウ糖
午後5時40分  授乳 オシッコ
間にブドウ糖
午後7時24分  初乳 授乳 なんか変
間にブドウ糖
午後8時40分  授乳 オシッコ なんか変
間にブドウ糖
午後10時35分 授乳
間にブドウ糖

4月17日 
夜中12時35分 授乳 オシッコ
間にブドウ糖
夜中1時52分  授乳 オシッコ
間にブドウ糖
夜中3時41分  授乳 オシッコ
間にブドウ糖
朝5時23分  授乳 オシッコ
朝6時38分  授乳 オシッコが少ない
朝7時51分  授乳 オシッコ少ない
朝9時  授乳 オシッコ少ない
午前10時  授乳中に動かなくなる お腹がパンパン 亡くなる

午後2時半にお客様のご訪問


悲しい・辛い・自己嫌悪・何故助けられなかった・・・

病院の看護婦さんへ報告した



折れた心にどうする事もできなかったが、1本の電話で救われたexclamation

亡くなった仔犬ちゃんにお花を買って来て弔いました。

ティッシュ箱がこんなに大きく感じる。

1460882726653.jpg
1460882699081.jpg

1460882709442.jpg



ごめんね、ごめんね・・・

「もう、我が家に産まれて来ては駄目だよ」「今度産まれて来る時は元気な体で」「人間として産まれてきてね」って、心の中で祈っていました。



そして、ルーカスくんの土日のドッグショーの結果が吉報として届きました。

ルーカスくんが折れた心を癒してくれました。

泣いてる暇も無く、仔犬ちゃんたちのお世話は変わり無く続いています。

元気を出してexclamation

やらなくてはならない事に目を向けなければ・・・

明日もがんばらねば・・・

今日から少し睡眠をとれば、いつものlittle-bになれるかなぁ・・・



にほんブログ村

この記事へのコメント

  • Miyazaki.H

    little-bさん。
    どうか自分を責めないで下さいね!
    わんちゃん、ほんの少しだったけれどlittle-bさんと出逢えて幸せだったと思います。
    ちやーんと、little-bさんを感じて感じて天国へ行ったと思います。
    何しろ睡眠をしっかり取って下さいね。
    2016年04月19日 22:01
  • littlepapa

    宮崎様へ

    ご訪問とコメントありがとうございます。
    暖かい言葉が身に染みる出来事でした。
    何十年もブリーディングしていても、生き物が亡くなるのは慣れないし、慣れてはいけない事だと思っています。

    自分の手にとった命を元気に育みたかったです。
    いつもの忙しい毎日が戻って来ましたが、眠れてますので大丈夫です。
    ご心配をおかけして申し訳ありません。
    2016年04月20日 05:06