無事に退院しました!

レリーナ

昨日無事に退院しました。

今回の胆のう摘出には悩みました。

年齢もシニアということで痛い思いをさせたくないと、

本人も至って元気で、時折・・・年に2~3回の嘔吐があるだけでした。

勿論、血液検査にも異常は見られませんでしたが、エコー検査では胆のうの中は胆泥で真っ白でした。

内服を始めて数か月後に白い影も少し黒くなってきて、このまま良くなっていくのではと期待しました。

その時の先生の所見は

「おかしいなぁ・・・良くなってるなぁ・・・」

でした。

しかし、期待は裏切られて次のエコー検査では、また真っ白な陰に覆われていました。

先生は悪くなって胆のう破裂を起こして緊急手術になるのが怖いです、とのこと。

昨年の夏に計画していましたが、元気だったし色々な予定をこなして今回の手術になりました。

取り除いた胆のうと、かたまりに近い泥も見せてもらいました。

胆のうの内側にビッシリくっついていたそうです。

運が良かったのは、胆管が胆汁で塞がっていなかったことです。

先生も今回の手術は正解でしょうと言っていました。

これで、毎日の心配が無くなりました。

このまま元気に長生きして欲しいです。



で、退院後のレリーナはあまり動きません。

吠えもしないから、かなり痛いんだと思います。

お薬は止血剤と貧血があるので造血剤の2種類が増えました。

全部で5種類の内服です。

それでも食欲はあり、毎回完食しています。

とりあえず今まで通りの馬肉とボイル野菜にサプリメントを上げています。

早く元気にな~ぁれexclamation

1487246023810.jpg

1487169885770.jpg




頑張ったレリーナにポチっとお願いします
   ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • はるママ

    レリーナちゃん、退院おめでとうございます。
    痛みが治ったらまた元気にご長寿街道真っしぐらしてくれますね。

    しかし、そうですか・・・
    やっぱり手術は正解でしたか・・・
    うちの15才も同じなので、悩みます。
    はるが来てからは、すっかり若返ったように一緒に走り回っています。
    パピー効果でしょうか
    本当にはるをありがとうございました。

    しかし、胆のう摘出をジャカルタで・・・
    悩みます。
    2017年02月17日 00:48
  • littlepapa

    はるままへ

    ご心配をおかけしました。
    昨日から甘え鳴きをしていますので安定しています。

    15歳のワンコさんへの手術はお勧めしたくないです。
    麻酔も怖いですし、とても痛がっていたのでシニアには可愛そうです。
    フードと内服で安定していれば、そのまま元気に長生きして欲しいと思います。

    もしもレリーナが15歳だったら手術しなかったです。
    2017年02月20日 17:48